アニマルライツセンターのスタッフが動物と自分と環境にやさしいライフスタイルを提案します。すべての生き物に愛情ある暮らしをしませんか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ARC-staff
 
[スポンサー広告
道草を食うのだ、よもぎ餅。
よもぎ餅

真鶴の海が見渡せる公園で、
お友達とよもぎを摘み、
よもぎ餅を作りました。

苦いかな?青臭いかなと心配したけれど、
なんのその、美味しいみどりの味がしました。

思ったより、簡単に作れたので、
またやってみます。

餅米粉また上新粉にお湯(お風呂くらいの温度)を混ぜ、耳たぶくらいの固さになったら、
コロッケくらいの大きさにまとめ、20分蒸かします。
蒸かし終わったら、ぺったんぺったん餅つきです。
湯でて、細かく切ったよもぎ(フードプロセッサーで砕いても良い)を混ぜ、出来上がり。
ころころ丸めて、きな粉とあんこを添えます。
分量アバウトで、ごめんなさい。

左がよもぎ団子、右がよもぎ餅、
ぽってり上新粉と、モチモチ餅米粉の違いで、食感に変化があり、どちらも味わい深い。


あんこは、塩だけのマクロビあんこを、お友達が作ってくれていました。
きな粉も塩味だけです。

素材のそのものを、いただきます。
春を食べちゃいました。
スポンサーサイト
Posted by ARC-staff
comment:0   trackback:0
[ベジ菓子類]  thema:手作りお菓子 - genre:グルメ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://animalrightstaff.blog81.fc2.com/tb.php/201-a002e87e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。